トム・ヨーク(元レディオヘッド)

最近硬いWEB関連の話題ばかりだったので、今日は私の好きな音楽の話。好きに書いていきます(笑)。
ロック・ポップスオタクの私は定期的にCDショップに視聴に行くんですが、久しぶりに「いいな!」と思える音楽に出会えました。
それは、トム・ヨーク(元レディオヘッド)のアルバムです。
実験的な曲が好きな私にとってぴったりでした。
私は常々、「今まで誰もやってない音楽をやるアーティストが一番素晴らしい」と思ってるのですが、そのものという感じでした。
この方は年齢はおそらく40才近いんじゃないかと思いますけど、それでも若い人が多いロックの世界で、これだけ新しさを感じさせる音楽を作れるのはホントすごい。若い人に負けてないどころか、若い人より新しい音楽を作ってる!
私は若い人のほうが感性が豊かなので、若いアーティストをひいきにしてたんですが、そう考えるのはやめようかな、なんて思いました。
私もロックファンの中ではもう、高齢の部類に入りますけど(30前半です、前衛ロック専門という意味で)、ファンとしても、若さ、新しさを常に頭において行けたらな、と改めて思いました。
人間、年齢じゃない。どれだけ若くいられるか、これが大切だなーなんて思いました。
PS ベンド、OK Computerがあるから今がある、と言う人がいるかもしれないけど、それはなしね(笑)。