バーにて

たまには面白い話でも書いてみようかな。
ノンフィクションです。
ある日、1年ぶりくらいに前行ったことのあるバーに行きました。マスターに会いに行くためです。もちろん、マスターは前回僕と話してなかったので、僕の顔を覚えてなかったですけど、いろいろと話して楽しかったです。一人で行ったので、となりに座ったお客の話が聞こえてきたりします。
*状況
若い男女が僕のとなりに座ってました。職場の同僚のようで、女性がやたらと敬語で話していたので、おそらく先輩(上司か?)と部下なのだと思います。
でも、男はおそらく女をモノにしようという下心があったっぽい。女性も少しは関係を深めたいような?感じ。
*会話
ネット広告関連の企業で働いているような話をしていました。仕事の話をずっとしていたようです。このとき僕はマスターと話をしていましたので、よく分かりません。
*面白かったところ
男「今まで何人の人とつきあったの?」
女「4人くらい」
男「4人くらいって何なのよ?5人とかきりのいい数字なら分かるけど、4人ってことは4人なんだー、そうなの?」
女の頭の中 (正直に言いすぎたかな・・・)
このあと、口説きの会話が続いてた感じでした・・・
----------------------------------------—
男の動揺ぶりはすごかった(笑)。
女性ってこういうところは頭いいんだなぁ、って思います。
おい、同僚を誘いすぎだろ!って心の中でツッコミを入れていました。それにしても男の動揺ぶりはすごかったーー。
男性、女性ともやり手に見えたので、この駆け引きはかなり高度でした。僕はこんな駆け引きはしたくないですね、疲れますから。
女性側は、男に抵抗するため、「4人くらい」と言ったのか、軽く落ちるよりは落としづらいほうが得策と考えたんでしょうか。
まあ、男としては、「私、恋愛経験少ないんだよねー」と言われるのを期待してたんでしょうね、きっと。
女性の方は、こう答えるのが模範解答のようですね。でも、この女性は正直すぎたのか、それとも高度な戦略を使ったのか、どっちかですけど、多分両方なんだろうなぁ。
僕にとってはこれは爆笑の話でした!
爆笑出来ないと思う方もいるかもしれませんが、僕はもっとひどいこと言われたりしてるので、この程度は爆笑レベルです。
世の中のカップルはみんなとても仲が良くて、うまく行ってるように見えますけど、実はそうでもないんだなぁ、と感じました。ホント、いろいろなんですねぇ。
今年はいろんな話を書いて行けたらな、と思っています。よろしくお願いいたします。
PS
僕が何飲んだかですけど、
1杯目 ニューヨーク
2杯目 ブラックルシアン
でした。
今回は一回も飲んだことのないカクテルを飲みたかったので、両方とも初めて飲みました。
ニューヨークはおいしかったなぁ。色もきれいでした。
ブラックルシアンは、変なカクテルを飲みたかったので、注文してみました。コーヒーの味がして、頼んでよかったと思えた味でした。
ちなみに、僕がカクテルデビューのカクテルは、名前の響きだけから頼んだ、キューバリバーです(リバーが「川」の意味だと思ってたんですけど、自由の「リブレ」だった)。コーラのカクテルで、今も居酒屋とかである時はたまに飲んだりします。16才のときだったかな確か。ホテルのバーだったんですが1杯で酔っ払ってしまった記憶があります。