大津祐樹選手、ラトビア戦でサッカー日本代表デビュー

大津祐樹選手がついに!先週2/6に日本代表デビューしました。

実は、この試合は後半の初めまで見ていたんですが、大津が後半からINじゃないのか、何だよと思い、見るのをやめてしまいました。

Youtubeで見たんですが、柏レイソルのときと基本はプレースタイルが変わってないなと思いました。親善試合だし、結果よりも、純粋に魅せるプレーをしたのかもしれません。この日はDF2人にしか囲まれてなかったので、余裕そうでした(笑)。

2009.3.25 ナビスコ杯GL・Bグループ第1節 柏レイソル 3-1 FC東京 (at 柏日立台)の試合で大津選手は、PKをもらい、初ゴール。この時スタジアムで見ました。

それから、次の年2010年は柏はJ2に落ちてしまい、さらに怪我で試合に出れない日々が続きました。この時、「大津は人生の大切な時期をこんな状況とは悲しいな」といつも柏駅前のバカでかい柏レイソルのポスターを見ながら思っていたものです。

J1昇格した2011年はなんと柏が首位を独走。その時に海外スカウトの目にとまり、ドイツのボルシアMGへ移籍、そのあとはロンドンオリンピック、VVVフェンロ、日本代表と、そして、これから未来が待っている。

サッカー選手は、運にも恵まれる必要があるなあ、と思いつつも、ここまで活躍するとは驚くばかりです。

今日は自分のためのメモですみません。頭の中で整理しておこうと思い書きました。

これからも、大津祐樹を止めないで