人生は30,000日しかない

結構いろんなところで話題になっているようですね。

2013年6月7日にMIT(マサチューセッツ工科大学)の卒業式でのドロップボックス社CEOのドリュー・ヒューストン(Drew Houston)氏のスピーチにあった言葉です。

「人生は30,000日しかない」

のですね。

僕はもう大体半分が終わってしまっていますので、「人生は15,000日しかない」。ひえーーー。

毎日家で仕事はひきこもりみたいな感じで、あっという間で、1週間なんて飛ぶように過ぎていきます。

1日たりとも無駄に出来ない気がしますね。

僕には仕事がこれしかないので、毎日生き延びることだけを考えていましたけど、もっと夢を大きく持って、夢が叶うように頑張らないといけないのかもしれない。

すごい考えさせられる言葉です。

マクドナルドのパイアラモードとアフォガード

マクドナルドの期間限定商品、パイアラモードとアフォガードを食べてきました。

パイアラモード

131029_143624

アフォガード

131101_171254

 

どちらも美味しかったです。価格はどちらも280円。

今のマクドナルドの既存メニューの材料を使い、創意工夫で新しい商品を生み出すというのが、いいですね。こういう考え方は好きです。地道な進歩という感じがします。

パイアラモードは、100円マックのホットアップルパイを2つに割って、上に乗っけているだけなんですけど、見た目的にも美しいとは言えないまでも、悪くはないです。

そういえば、この間は、パン2枚にチーズとハムをはさんだだけの「マックトースト」というものも食べてきました。写真撮るのを忘れましたけど、これもマクドナルドらしい感じがしてよかったですね。なぜ今までなかったのか、というのを感じます。

マクドナルドは、2013年8月に社長が原田氏からサラ・カサノバ氏に交代しましたけど、なんとなく、商品にも表れている感じがしますね。今のところ最高です。

原田氏の時代は、世界のバーガーとか、1000円のハンバーガーとかなんかいまいちだなあ、なんて思ってたんですよね。マクドナルドの人ではない人が社長だったからなんでしょう。

一番嬉しかったのは、レジの上にあるとても分かりやすいメニュー表。

130910_164702

 

これは、原田氏の時は撤去されてしまっていたものです。これが復活しました。

マクドナルドのファンは、よく食べるハンバーガーのバリューセットの価格はすべて頭に入って、記憶しているんですけど、今までは、いくらなのかよく分からなかったのがありました。

これで、価格を覚えて置けます。

なんか、前の社長の悪口みたいになってしまいましたけど・・・、基本的には、マクドナルド愛のある人が社長であってほしいし、従業員さん、バイトさんもそのようであってほしいなというのは思います。

とにかく、利用しやすいマクドナルドになってきたので、本当によかったです!